はじめに

歯列矯正をしたいけれど、費用が気になるという方は多いと思います。
後で詳しくお伝え致しますが、実際歯列矯正というのは病気などではなく 見た目の形状を直すものなので、保険が適用されないのです。

以前に比べて歯列矯正はとてもメジャーになってきており、 歯並びが悪い人は子供の頃に矯正をしてしまう、というご家庭がとても増えています。

それは、やはり歯列矯正を行う人口の増加により費用も安くなってきたこと、 多くの人がやることにより皆それが安全だと理解していること、 矯正器具をつけて生活することがそこまで珍しくないことになったこと、などの理由があります。

歯並びが悪いことでもし自分の子供が不都合な目にあってしまったら・・・と 考え、矯正させる親がとても多いそうです。

実際に歯列矯正を行うと、どれくらいの費用がかかるのか。 このホームページでは歯列矯正の費用について徹底解説致します。



歯列矯正の費用の目安

歯列矯正の費用ですが、だいたいどれぐらいかかるのでしょうか? 医療保険のかからない治療については各病院で自由に決めていいそうなので、はっきりいって一番安いところと、高いところで、大きく開きがあるのも事実ですが、参考にいくつか例を見てみましょう。歯科矯正の費用が高額な理由は、 歯科矯正治療にかかる期間が長いということがひとつ上げられます。 また歯科矯正にあたっては、患者一人ひとりの歯の状態や骨格などに合わせて、 専用の歯科矯正装置を調整する必要があるために、 どうしても歯科矯正費用がかさんでしまうのです。 まず、大学の付属病院だと、70~80万円くらいのようです。そして、歯列矯正専門の開業医などですと、総額が決まっているものと、ベースの料金があって、そこに1回1回の診察治療費がプラスされていくものとあるようですが、だいたいトータルで100万円かそれ以上、といったところのようです。

つまり、最初に治療してから、その後の様々な変化に対して調整していく料金が5000円程度かかっていきます。 また、一般的に歯列矯正の費用には、保険がきかない、との認識がありますが、その内容によって使える場合があり、あごの骨を切る必要がある治療の場合などは保険が使えます。また、子供の治療と医学病名がある病気に該当する場合には、医療費控除が受けられます。したがって歯科矯正で失敗をしないように、 事前によく治療を行う歯医者などは吟味しておく必要があるでしょう。 歯科矯正費用は非常に高額なので、 歯医者を決める際は一度カウンセリングを受けてから慎重に決めましょう。 以下の本で歯列矯正の費用、治療トラブルなど、矯正治療の全てを解説しています。 日本矯正歯科学会会員・認定医である著者2人による共著です。

    インプラントにかかる費用は、決して安いものではありません。もちろん、インプラントの素材などの種類や、各医院によっても料金は変わってきますが、おいそれと出せる金額ではありません。 その理由としては、まず、保険が使えない、ということです。自由治療といって、自費で治療費を払う形になります。 しかし、診察や通院のための交通費に関しては、医療費控除を受けられます。ですので、確定申告をすれば、何割かは戻ってきます。この保険が利かないということが、インプラントの料金が高い最大の理由ではありますが、治療が高度な技術と機材や、人口の歯などは作り上げるのに、時間がかかる、ということもあります。 しかし、一度インプラントを付けてしまえば、入れ歯ほど頻繁に骨や歯肉の変化に合わせて調整したり、作り変えたりすることはないです。また、その使用感は、本物の歯のようで、違和感の無さ、快適さはまるで違うようです。また、きちんとものが噛める、見た目の美しさ、といったことのほかに、体調がよくなったり、といった効果もあるようです。

    矯正に保険は利くの?

    矯正は一部の外科矯正を除き、基本的には全て保険外の治療となります。
    でも、口唇裂・口蓋裂や顎変形症で手術が必要であると診断された場合には、保険適応となる場合もあります。
    保険が利くかどうかの診断は一般の歯科医院でも行っている場合もありますが、歯科大学付属病院や歯学部のある大学病院であればほぼ本当です。
    普通な歯科医院の場合には、保険が利くかどうかの診断を行っているところと行っていないところがありますが、外科矯正まで対応可能な歯科医院であれば保険適応についての診断も行っている可能性が高くなります。
    保険適応についての相談をするのであれば歯科大学付属病院や歯学部のある大学病院を受診するのがベストですが、もし普通な歯科医院で相談をしたいのであれば、事前に電話などで保険適応についての相談が可能かどうか問い合わせておきましょう。